こころとからだにおいしい生活


by natural_chiffon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

なんかおかしい。。秋

e0151471_23053787.jpeg
この梅雨のような長雨、、
降ってはやみ、やんでは降り。。。
気温が一気に上がり、
ムシムシと湿度があがり、
日差しが夏のように
ジリジリと照りつけるかと思えば、
寒い寒い風が吹き、
長袖トレーナーやコタツが
欲しいくらい寒くなったり。。。

なんなんでしょうこれは?

人間でもしんどくなります。
それは畑の野菜たちや田んぼのお米も一緒。。
お米が高温と多湿の為、稲穂から
芽がでているものを発見したじいじさん。
稲刈りもあと半分。倒れてはいませんが、、
無事刈り入れるまで稲の状態が心配です…>_<…
シカやイノシシの蝕害もハラハラです。

そして大根も小松菜も、カブも、
長雨のあと畑に行くとびっくり、、、
なんと1回目の種まきの大根が全滅してました。
虫にあっという間にやられてしまったのです。
ここまでひどいのは珍しいです。
二回目の種まきのものはもってくれてますが。。
ここのところの高温多湿、
不安定な天候の影響をモロに
受けてしまっているようです。
これが農薬を使わない農業の本当に本当に
辛いところであり
課題です、、

そんな中玉ねぎの小さい苗が
ぴょこぴょこと出てくれて、、救いです。
白菜の小さな苗も何とか大きくなりつつあります。
人参のはっぱも元気で大きくなってくれて
これも救いです…>_<…
ありがとうありがとうと草をとります。

収穫が頂けるものばかりでなく、
天候にも大きく左右される無農薬での農業。
不安定要素が大きすぎて、
これからのこの日本の、地球の
気候が 危うすぎて、、
こんな小さな、
そして無農薬でという農家は
本当にやっていけるんだろうかと
不安が常にあります。。
でもだからこそやっていきたい、
やってかなくてはといけないという使命感も
不思議と湧いてきます。
まだまだ未熟すぎる私たちの農業。
作物1つ1つに対する姿勢。。
この不安定な天候とお付き合いしながらの農業。
本当に模索することばかりです。。








[PR]
by natural_chiffon | 2016-09-29 22:51 | はたけしごと | Comments(0)